高収入がある証拠となるゴールドカード|モテる理由はカードの所持

ウーマン

直ちに実行しよう

つみきの家

条件を確認しよう

中央銀行のマイナス金利政策が日常の中にも及んできています。特に恩恵を受けているのは住宅ローンを組んでいる人達です。住宅ローン金利はゼロ金利政策が取られて以来、じわじわと下がってきており、マイナス金利に突入した今では、変動金利を0.5%程度としている金融機関も増えています。10年以内の固定金利を1%以下としているケースもあります。このような金利に敏感に反応し、住宅ローンの借り換えをする人も増えています。但し、住宅ローンの借り換えは、単に金利の低いものに乗り換えればよいというものではありません。なぜならば、借り換え時に諸費用がかかるからです。借り換えることによって、この諸費用を上回る金利負担の軽減があるかどうかを確認しておきましょう。具体的には、各金融機関が提供しているシミュレーションを利用してみるとよいです。現在の住宅ローンの残高、金利、毎月の返済額、残年数がわかれば、借り換え効果を測定できます。シミュレーションを行っている時間がないようであれば、次の3つを目安とするとよいです。1つ目は住宅ローンの残高が1000万円以上であること、2つ目は借り換えによって金利が1%以上下がること、3つ目は住宅ローンの残年数が10年以上残っていることです。この全ての条件を満たしているのであれば、直ちに借り換えを検討しましょう。また、3つの条件全てを満たしていなくても効果が出る場合がありますので、諦めずにまずはシミュレーションを取ってみるとよいです。